キービジュアル

「歯医者での痛み」が
お子様を歯医者嫌いにしてしまう
一番の理由です。

当院では
様々な工夫を行うことで、
可能な限り
痛くない治療に成功しています。

むし歯治療で行っている「痛みを抑えた治療」をご紹介します

診療

「子供が歯医者に行くことを嫌がる……
多くの親御さんがこのようなお悩みをお持ちです。
嫌いになってしまう理由は様々ですが、多くが「治療時の痛み」です。
当院では次のステップを踏んで、可能な限り痛くない治療を実施しています。

STEP1表面麻酔

表面麻酔

多くのお子様が嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。
事前に注射する箇所に麻酔液を塗ることにより注射時の痛みをなくします。これをするとしないとでは痛みに大きな違いがあります。

STEP2「極細の針」を使用

針

針は細ければ細いほど痛みは小さくなります。
当院では極細の針を使用しているのでほとんど痛みを感じることはありません。

STEP3針を刺す部位の考慮

診療1

お口の中には痛みを敏感に感じる部位、あまり痛みを感じない部位が存在します。
私たちは解剖学的な知識も持ち合わせていますので、どの部分が痛いのか、どの部分が痛くないのかをしっかり把握しています。そのため、極力痛みを感じにくい部位に針を刺すことを心掛けています。

STEP4電動麻酔注射の利用

麻酔

麻酔時に痛みが生まれる原因の一つは、麻酔液が体内に注入されるときの圧力です。当院では、麻酔液の注入速度や圧力をコンピューターによって自動的にコントロールできる電動麻酔注射を用い、麻酔時の痛みを軽減しています。

治療時の「あの嫌な音」も軽減

5倍速

「痛みを軽減」する他、当院では「キ~ンという音を最小限に抑え、恐怖を感じさせない治療」も実施しています。
具体的には5倍速エンジンというものを利用しています。
治療時の機械音が少ないことが特徴です。
また、通常よりも5倍の速さで動きますので、ブレも少なく、歯を削る量を最小限に抑える効果もあります。

むし歯の再発を防ぐ
「ラバーダム防湿」の徹底

ラバーダム

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。ラバーダムを使用することで、口腔内細菌が侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。逆を言えば、ラバーダム防湿を行わない治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

牛

  • メール相談
  • web予約

電話

〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-19

診療時間
09:30 ~ 12:30
14:00 ~ 18:30
  • ※休診 :木曜、日曜、祝日
    ▲午前:9:00~13:00 / 午後:14:00~17:00